産み分けゼリーの使用によって女の子を授かることは可能?

これから子供が欲しいと思っている夫婦の中には、是非女の子がほしいと願っている方々もいるのではないでしょうか?

子供の性別の産み分けなんてできるの?と思っている方々も多くいると思いますけど、どうして男の子、女の子に分かれるのか?を知っていると、産み分けは実は可能という考えにたどり着くのです。

 

男と女に性別が分かれる理由は、卵子に精子のうちのX染色体、Y染色体のどちらがくっつくか?で決まるとされています。

つまり、卵子にX染色体がくっつくと女の子が生まれるので、X染色体がくっつきやすくするために、Y染色体の邪魔をするというのが方法論としてあるのです。

 

それを可能にしたのが産み分けゼリーと呼ばれるものなのです。

産み分けゼリーの効果としては、Y染色体が酸性に弱いという特徴を持っているために、膣などの内部を酸性にすることにより、Y染色体が生き延びられないような状態を作り、その数を減らすわけです。

 

Y染色体の数が減れば、相対的にX染色体と卵子がくっつける可能性を上げることにつながるので、確率的に女の子が生まれる可能性が高くなるということです。

ただし、これは絶対的な方法ではなく、あくまでも確率を上げるという効果を持っているに過ぎませんから、産み分けゼリーを使うと、確実に女の子を授かれるわけではありません。

 

使わないよりは使った方が確率が高くなるというだけです。

使用前には、そのあたりをちゃんと理解した上で利用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ