コラーゲン食材よりもコラーゲンドリンクが良い理由

コラーゲンは美肌に効果があると言われています。

たしかに、コラーゲンが豊富な食材を多く食べることにより、人によっては美肌を手に入れられるかもしれません。

 

ですが口から摂取したコラーゲンがそのままの形を保持して肌へと変化する訳ではないのです。

一度体内で分解をされ再生成してようやく体の一部となるため、しっかりと吸収しなくては体外にそのまま排出されてしまいます。

 

そこでコラーゲンドリンクの出番です。

コラーゲンドリンクはコラーゲンペプチドという小さい分子の状態に加工されたものが含まれているので、体内へと吸収されやすいのです。

 

ゼラチン質のプルプルとした食感の食材を大量に食べることは大変ですが、フルーツなどの爽やかな味がついたコラーゲンドリンクであれば手軽にコラーゲンを摂取できます。

また、コラーゲンドリンクは栄養ドリンクのような小さい瓶の形で販売されていることが多く、持ち歩いて外出先で飲むということもできます。

 

商品によってはカロリーを低めにして、ダイエット中でも飲めるようなタイプになっています。

食べ物からコラーゲンを摂取しようとすると牛や豚そして鶏などの動物性食材や、スッポンやフカヒレなどの海洋性食材が多く、どうしても高カロリーになりがちなのです。

 

また、ダイエット中は体重を落とすことに意識が向いてしまい、栄養不足によって肌の状態が悪化してしまうケースもありますので、コラーゲンドリンクで不足している栄養を補うことが可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ